tomato nihilism

Twitter : @tomatonihilism

【音楽】メキシコのワインの泉:Fountains Of Wayne

彼は携帯電話の爆発で死んだ

www.youtube.com

 

とっ散らかった、悪ふざけみたいなPVだなあ、という印象だった。

統一感なんてものはどこからも感じられないだろうし、

何せタイトルは"Mexican Wine"、「メキシコのワイン」なわけで、

そこに深い意味なんてあるはずもないと考えるのが普通かもしれない。

メキシコ産のワインと云っても日本人としてはなかなかピンと来ないのだが

どうやら「安くて美味い」らしい、というのはさておいて。

 

しかしこの曲、とんでもないことに "He was killed" という

ポップ・ミュージックらしからぬフレーズから詞が始まっているのである。

じゃあ何故彼は死んだかって?

"By cellular phone exprosion" 「携帯電話の爆発で」だよ!

この曲がリリースされたのって2003年だぞ!

未来予知者か何かかよ!

 

本当に詞に意味なんてものはないんですか?

音楽の楽しみ方なんてのは人それぞれであると思うし、

どんなものが好きかなんてのも自由だろう。

特に日本語という独自の言語に頼って生きる日本人にとってしてみれば、

他言語のそれで何が表現されているかというものを正確に理解するのは難しいと思う。

それでも楽しいだとか面白いだとかは感じ取る事も出来る。

音楽は世界共通の言語だと言われてそれを否定する必要だなんてものもない。

 

でも僕は「詞なんてものは深く考えずに音を楽しめればそれでよい」

という主張には異を唱えたくて仕方のない人間なのである。

だって意味がないんだったら、それこそ何も自分の口で語る必要とかないだろう!?

生演奏で忘れて聴衆の前で赤っ恥をかくかもしれないのに

それでも詞を付けて歌うのは、それがルールやビジネスだからで終わりだからか?

言ってみたい事があって、たまたまその手段が音楽だっていう話じゃないのか?

 

さて、携帯電話の爆発で死んだ男の物語はもちろんこれで終わりではない。

英語に疎い日本人にもものすごく分かりやすい韻を踏んで、次のように繋がれるのだ。

「彼の遺灰は海にばら撒かれた」

「その水はベビーローションに使われた」

「販促の輪が動き出した」

……いやあ英語が苦手でも和訳を拾える世の中だから今はいいですね。

 

PVの内容と同じように、繋がりはあるかもだけれど

荒唐無稽ですらあるかもしれないと思う内容だ。

良く捉えればコメディーだろうし、悪く捉えれば理不尽だ。

一番の理不尽は、こんなトンデモとも言える内容が耳に心地よいことかもしれない。

聞けば分かるはずだけれど、これは別に世の中を呪うような音じゃあない。

まあこれがメタルで奏でられたらそれはギャグにしかならないだろうけれども。

 

優しい歌声と共に「だけど夏の日に太陽はまだ輝いてる」というフレーズに続く。

「携帯電話の爆発で死んだ」人間が居たのを、受け止めているかどうかもあやふやだ。

そして「メキシコ産ワインをおかわりしようと思うんだ」という言葉でサビは終わる。

 

携帯電話の爆発で死ぬ男に限らず、

この曲の中では理不尽とも言える目に遭う人間の事が語られている。

コックピットでグラビア雑誌(?)を読みふけって

仕事をクビになったパイロットが果たしてそうであるかは置いておいてだが。

いや、あるいは理不尽かどうかとも言えるのも実際はあやふやである。

で、そのくせ太陽がどうだとかワインをおかわりだとか言い出すのだ。

 

世の中にはどうにもならないことだってある

解釈のしようはいくらだってあると思う。

何度も記したように、PVは悪ふざけっぽさをアピールしているようにも受け取れて

あるいは「この曲に大した意味なんてないよ」というのが真実かもしれない。

 

でも僕はこの曲から「理不尽なことはあるけど、どうにかやっていこう」という

そんなメッセージを感じ取ってしまったわけである。

それこそ安くて美味しいメキシコのワインでも飲んで。

 

人が死のうが何が起きようが太陽が照るのも変わらないし、

人の気持ちだって気の持ちようでは変わらないし、

人が自分を変えたいと思っても、変わらなくてもいい時だってあるのかもしれない。

サビのフレーズにある ”I tried to change, but I changed my mind.”

なんて、言葉遊びみたいでもあって本当に素晴らしい詞だなあと思いました。

 

でもまあ、このバンドって

「恋人の母親に夢中になるダメ男」を詞で描いたりもしていたりなんですよ。

まあ現在の活動状況と共に結局はよく分かんないってことですね!