tomato nihilism

Twitter : @tomatonihilism

【MHXX】ブレイヴスラッシュアックスの使い方

はじめに

強さと楽しさを兼ね備えたブレイヴスタイル。

スラッシュアックスの特徴である武器の変形をフルに活用した戦い方が好評です。

状態異常ビンへのテコ入れを最も有効に活用できるスタイルでもあり、

スタイルの恩恵により回避スキルへの依存度も下がっているため

プレイヤースキルさえあれば自由自在な扱い方が出来るでしょう。

 

長所

  • イナシによる防御面の補強
  • ブレイヴ状態では強変形斬りが使用可能、変形斬りから変形斬りへの連携も可能
  • 変形斬りを多用するため、状態異常ビンの確定蓄積を活かしやすい
  • ブレイヴ状態では回避行動がステップに変化、斧モードで連続ステップ可能
  • ブレイヴ状態ではエネルギーゲージの自然回復速度が大幅にアップする

 

非ブレイヴ状態の強みにはイナシがあります。

防御面に難のあるスラアクの弱点を補える強力なシステムです。

ブレイヴ状態では攻撃性能・防御性能ともに大きく向上します。

強変形斬りは高性能で、威力も高い上にほぼ全ての技から連携可能です。

状態異常ビン武器を使っている場合はさらに確定蓄積という恩恵も受けられます。

斧と剣とを頻繁に行き来するためにエネルギーゲージへの依存も低いため、

自然回復速度の強化もあって強変形斬り中心で戦っている限りでは

エネルギーゲージは減るどころかむしろ増えていることも多いです。

 

ブレイヴ状態の回避行動は転がりからステップへと動作が変化し、

また回避性能+1相当に無敵時間が延長しているらしいです。

斧モードではスタミナが続く限り連続ステップも可能で、攻撃を避けやすくなっています。

短所

  • ただでさえ遅い納刀が納刀継続でさらに遅くなる
  • 非ブレイヴ状態では変形斬りが使えず、モードの以降は納刀を挟む他ない
  • ブレイヴゲージ稼ぎにほぼ必須な納刀継続攻撃の性能がイマイチ
  • 全体的に納刀継続で攻撃をキャンセル可能なタイミングが遅い
  • 攻撃範囲が広いため、パーティプレイで味方の邪魔になるかもしれない

 

スラアクの納刀は全武器種の中でもかなり遅いですが、それがさらに遅くなります。

アイテムを使いたい時はどうしても不便な思いをしますし、

非ブレイヴ状態では変形斬りが使えないため、

うかつにエネルギーゲージを枯渇させないよう神経を使うことにもなります。

また大剣や太刀などで多用する「抜刀攻撃→納刀→納刀継続攻撃」の流れですが

スラアクの場合それらの武器と違い納刀に入るまでが遅いため

同じように動かすとイナシも成立せずにぶっ飛ばされるケースが多いです。

特に斧モードの抜刀攻撃は納刀に移行するなら転がったほうがマシなぐらい遅いです。

 

基本戦術

非ブレイヴ状態でも剣攻撃ループは可能ですが

ブレイヴ状態の恩恵が非常に大きいので速やかにブレイヴ状態を目指しましょう。

納刀継続攻撃はどれも性能がイマイチですが

全体動作が長いものの攻撃範囲が広くゲージ増加量が多い斧モードの振り回しか

攻撃範囲が狭いものの縦斬りへの連携が可能な剣モードの切り上げを使って

ゲージを稼ぐのがベターかと思われます。

よく剣モードの二段斬りがオススメされていますが、

アレは全体動作が長い割にゲージ増加量は切り上げとほとんど変わらないです。

 

ブレイヴ状態では強変形斬りがメインの攻撃手段となります。

高性能なステップも活用して、相手の攻撃をかわしつつ攻撃を叩き込むのが理想です。

離脱を図る際には連続ステップが可能な斧モードにしておくのが理想なので、

可能な限り「今どちらのモードの攻撃をしているか」を把握しておきたいところです。

 

基本的なルートはこんな感じです。

 

  • 斧攻撃→強変形斬り剣(R)→強変形斬り斧(R)→斧縦斬り(X)→強変形斬り剣(R)
  • 剣攻撃→強変形斬り斧(R)→斧縦斬り(X)→強変形斬り剣(R)→強変形斬り斧(R)~

 

強変形斬りはRボタン連打で斧振り回しを挟みつつ

さらに強変形斬り剣へとループ出来るのですが、

振り回しは全体動作が大きい上に移動しながら攻撃するためやや使いにくいです。

そこで斧縦斬りを挟むことで隙を抑えつつ、位置ズレを防ぎ、

かつステップやイナシへの移行もしやすくなります。

基本的にはこのルートを出し続けるか途中で止めるか、ぐらいで大丈夫だと思います。

 

スキル選択

斬れ味レベル、業物

手数が多くなるのでどちらかは必要になると思います。

両方欲しくなる銀嶺スラアクなんかはストライカーで使うべきなので、

ブレイヴスタイルで使う武器であれば多分どちらかで十分です。

 

見切り、弱点特効、連撃の心得

見切りは常に会心率が一定ですがスキルポイントの負担も大きいです。

弱点特効は肉質の把握が必要な上にブレイヴスラアクだと弱点をやや狙いにくいです。

連撃の心得はブレイヴスラアクと噛み合ってる感じです。お守りが出にくいかもです。

 

挑戦者

間違いなく強力なスキルですが、防具にスキルポイントを依存しがちなので

トレードオフになるスキルが出てくると思います。

ゴアXRを腰脚に装備すればそれだけで挑戦者+2になるので

積みやすいと言えば積みやすくもあるのですが。

 

会心

上記の会心率プラススキルをある程度積めていたら。

会心盛り超会心が最強」とはよく言われるようですが、

会心にこだわるとスキル自由度も何もあったもんじゃない感じです。

 

回避距離UP

ブレイヴ状態のステップがさらに高性能化する上に

非ブレイヴ状態の立ち回りを補うことも可能です。一方で回避性能については

ブレイヴ状態のステップそのものが強化されているらしいので優先順位は低いかも。

 

納刀術

納刀継続を挟むとは言え納刀の安全性が増すことに加えて

納刀継続攻撃への派生が早くなるという恩恵もあります。

スラアクの納刀継続攻撃は性能がイマイチなのですが、それを補う形になります。

 

挑戦者の納刀

イナシで斬れ味を回復できる可能性が生まれます。臨戦より回復量が多いようなので、

スラアクなら業物と合わせて維持は狙いやすいほうかと思います。

狩技を絶対回避に出来るのもポイントで、安全にアイテムを使いやすくなります。

装飾品だけでスキルを用意しておけば他の5スロスキルに入れ替えも可能なので、

フレキシブルな装備が組めるようにもなります。

 

明鏡止水

一応ブレイヴスタイルなので候補に上げてみましたが正直趣味の範囲だと思います。

ブレイヴ状態になるまではちょっと大変なのでそこを補う選択肢にはなります。

剣鬼形態で二連属性開放突きを使いまくりたいという人向け、かも。

 

狩技の選択

絶対回避【臨戦】

ブレイヴ状態になりさえすればエネルギーゲージの心配はほぼ要らないので

回避&接近&斬れ味維持を兼ねたコレが第一候補になると思います。

 

絶対回避

防御性能が低く納刀も遅いという弱点を一発で解消する狩技。

 

エネルギーチャージIII

狩り技ゲージが溜まっている頃にはブレイヴ状態にもなっているはずで、

その時にはエネルギーゲージの心配はほぼないので実質会心率アップの狩技です。

まあでも会心率30%アップって破格と言えば破格ですよね。

 

テンペストアクスIII

ブレイヴ状態では自然と斧を使い、斧モードで立ち回りたくなるスタイルでもあるので

強力な斧を使いたいというのであれば十分有力だと思います。

 

剣鬼形態III

ロマンが溢れているそうです。

 

トランスラッシュIII

ロマンです。