tomato nihilism

Twitter : @tomatonihilism

【MHXX】ブレイヴスラッシュアックスのススメ

はじめに

この記事はブレイブスタイルのスラッシュアックスは「楽しい」ということを

割と本気で紹介していくという趣旨で書かれています。

強いかという点について保証出来るほどに

筆者のプレイヤースキルは高くはありません。あしからず。

 

ブレイヴスラッシュアックスのウリ

まずブレイヴスタイルではイナシを使えるのがひとつのポイントになります。

ガード不可かつ抜刀状態での動きも重いスラアクを扱う上で

多少のリスクが伴うとはいえ使いやすい防御手段が追加されるのはありがたいです。

とはいえ、ただでさえ遅いスラアクの納刀が納刀継続でさらに遅くなるという事でもあるので

戦闘中にとっさにアイテムを使いにくくなることはお忘れなく。

 

そしてブレイブ状態では

  • ほとんどの技から連携させる事が可能な強変形斬りの追加
  • 回避行動がステップに変化し、斧モードでは連続ステップが可能
  • エネルギーゲージの自然回復速度が大きくアップ

という大きなメリットを享受することが出来ます。

強変形斬りはダメージが高い上、強変形斬りのみで連携をループさせる事も可能なため

コンボ火力は随一と言えるでしょう。

回避行動へ派生可能なタイミングも早いため、普段は隙を作らずにダメージを取り

ダウンを奪ったら高火力のコンボを決めるといった使い分けも可能です。

その回避行動そのものが高性能化しているのも大きなポイントで、

特に斧モードでの連続ステップはスラアクらしからぬ機動力を発揮してくれます。

回避距離スキルなしでも敵の攻撃範囲外に逃げやすく

スラアクに足りなかった防御面はイナシとステップで補強されています。

さらにエネルギーゲージの回復速度の速さと

変形斬りによる、剣モードだけに依存しないコンボのおかげで

基本的にブレイブ状態であればエネルギーゲージが空になることはまずないです。

 

他にも「変形斬りによる状態異常効果の確定蓄積」や

「属性解放斬り二連フィニッシュの追加」などといったメリットも存在しますが

これについての細かな説明は筆者が活用していない要素なので割愛します。

 

ブレイヴスラッシュアックスの抱える難点

さて、ブレイヴスラアクの数々のウリを述べてきましたが

もちろん優れた点ばかり、というわけでもありません。

弱みとなる部分を並べると、こんな感じでしょうか。

  • 納刀継続に素早く派生できる攻撃が少ない
  • 納刀継続攻撃の性能がイマイチ
  • ただでさえ遅い納刀がさらに遅くなるため、とっさにアイテムを使うのが難しい

要は納刀継続がらみの仕様と相性がよろしくないという事なのです。

 

同じブレイヴでも大剣や太刀と使い比べてみるとはっきりとわかるのですが、

剣士で基本となる「攻撃キャンセル納刀継続」といった動きも

スラアクの場合は明らかに納刀継続への派生が遅いために隙を作りがちです。

そしてブレイヴゲージを素早く溜めるためにほぼ必須となる納刀継続攻撃も

斧モードでは溜まるゲージは多いものの隙の大きい振り回し、

剣モードでは踏み込みが甘く攻撃範囲も小さいためやや当てにくい縦斬りか

やはり隙が大きい二段斬りか、と微妙なものが揃っており

無闇やたらに狙っていけるものではありません。

 

そしてイナシへの派生があるとはいえ納刀がさらに遅くなるのは無視できない点です。

回復アイテムを使いたいというのならイナシから使う手がありますが

例えばとっさに閃光玉や音爆弾を使いたいとなると厳しいものがあると思います。

ブレイヴ大剣のように納刀状態でも戦えるスタイルというわけでもなく、

スラアクの場合はブレイヴ状態の恩恵はほぼ抜刀状態に詰まっているようなものなので

それらのアイテムを使うためだけに納刀状態で立ち回るのも本末転倒気味ですからね。

 

また変形斬りを軸に戦い、頻繁に斧と剣とが切り替わるスタイルであるため、

剣モードを軸に戦うスタイルと比べてビン効果が発揮される時間が目減りしています。

最も状態異常ビンについて言えば先述の確定蓄積が存在するため

効果そのものはむしろ上がっていると言える結果が出ているようですし、

強撃ビン・強属性ビンについても変形斬りそのものモーション値が高いために

火力面で大きく劣るということもないようなのですが。

 

ブレイヴスラッシュアックスの立ち回り

さて、ブレイヴスタイルを選ぶ事のメリットとデメリットを並べ終えたところで

本題である立ち回りの部分について書いていくとしましょう。

とは言っても基本的には「とにかくブレイヴ状態」を目指すのがスタートになります。

 

斧モードの抜刀斬りは納刀継続に派生できるタイミングがやたらと遅いため、

基本的には変形抜刀斬り(R+X+A)を初手にしたいところです。

大剣や太刀ほどに早くはないですが、比較的派生タイミングは早いほうです。

斧モードで動きたい時は、突進斬り(スティック前+X)を初手にするといいでしょう。

もちろん斧モードの納刀継続攻撃であるぶん回しのゲージ回収量は魅力的ですが

抜刀斬りからの派生と込みで考えると技前後の隙は極めて大きい部類に入ってしまいます。

筆者自身は納刀継続攻撃によるゲージ稼ぎを剣モードの縦斬りで行っています。

ステップへの派生を素早く行えるので隙を作りにくいです。

仮に斧モードを初手にした場合でも、Rボタンを押せば変形斬りとして同じ技を出せます。

また、さらに縦斬りへと連携する事でそこから素早く納刀継続に以降できます。

「Y(納刀継続)→X(納刀継続縦斬り)→X(縦斬り)→Y(納刀継続)」という流れですね。

とはいえ、やはりスラアクはブレイヴゲージを溜めにくい武器だと割り切って

ブレイヴ状態になるまではイナシも活用して欲張らずじっくり戦うぐらいでいいと思います。

 

ブレイヴ状態では強変形斬りとステップを活用して敵に張り付いて戦うのが理想です。

延々と繋がる強変形斬りコンボは是非とも狙いたくなるのですが

怯みやダウンといったチャンスがやってくるまでは無理して狙わず

キャンセルステップを使いながらチクチクとダメージを蓄積していくといいでしょう。

可能であれば斧への強変形斬りをステップキャンセルして

連続ステップが可能な斧モードで離脱をしたいところですが

剣モードは剣モードで強変形斬りですぐに斧モードになれると考えることも出来るので

そこまでこだわる必要もないかもしれません。

 

強変形斬りコンボはRボタン連打でも繋がるのですが

大きく位置が動く上に大振りな斧振り回しが間に入ってしまうのが気にかかります。

斧への変形斬りから斧縦斬りに派生し、

そこから強変形斬りに繋げると斧振り回しをコンボに挟まずに済みます。

斧突進斬りから攻撃を開始したとして、(前X→)R→R→X→R→R→X~という入力になります。

斧振り回しと違って大きく移動せず、ピンポイントな攻撃が狙いやすいのもポイントです。

 

また斧モードの連続ステップが存在するため、強走薬を飲んでおくと楽しいことになります。

なくても十分ステップは活用できますが、

重武器とは思えない超機動が実現可能なので是非一度試してみてください。

 

スキルと狩技について

イナシとステップで防御面が補強される形になっているため

他のスタイルほどに回避距離や回避性能への依存度は高くないかと思います。

またブレイヴ状態になればエネルギーゲージの不安もほぼなくなるため

狩技についてもエネルギーチャージが必須ということにはなりません。

 

狩技枠がひとつではありますが、選択の自由度は結果的に高くなっています。

臨戦で斬れ味とエネルギーの管理から解放されたストレスフリーな狩りをするもよし、

テンペストアクスで斧モードの機動力をさらに強化するもよし、

トランスラッシュでロマンを求めるもよしです。いやそれは本当か?

 

もちろん白疾風一式との相性が悪いというわけでもなく、

超高性能なステップを堪能しながら非ブレイヴ時の立ち回りを補強することも可能です。

一方で回避がらみのスキルを全部切って火力に特化した装備を組み

エネチャ剣鬼に勝るとも劣らない強変形斬りの火力でモンスターを叩き伏せるもよし。

今まで日の目をみなかった状態異常ビンへのテコ入れがされていることもあり

ブレイヴスラアクは自由度が最大のウリであると言えるかもしれません。

 

ブレイヴスラアクならではのスキル選択は「挑戦者の納刀」があります。

狩技を臨戦ではなく絶対回避にして、イナシと絶対回避で斬れ味回復を狙います。

挑戦者の納刀による斬れ味回復はモンスターが怒り時限定、かつ確率次第ではありますが

発動した場合の斬れ味回復量は臨戦より大きいため悪い賭けではありません。

絶対回避は納刀が遅いスラアクで比較的安全にアイテムを使うための手段も兼ねるため

立ち回りがかなりやりやすくなるのではないかと思います。

 

最後に

ブシドー双剣を扱う事からMHXXにハマったといっても過言ではない僕が

重武器の面白さを理解出来た理由のひとつにスラッシュアックスの存在があります。

そしてブレイヴスラアクはとても面白い組み合わせのひとつだと思います。

ストライカー、エリアル、ブシドーとスラアクのスタイルは

どれも個性的かつ面白いのですが、ブレイヴは頭ひとつ抜けて面白いと感じます。

 

正直な話をすれば「強武器」として扱われるには

大剣・太刀・ヘビィあたりの壁が分厚すぎて無理があるように思いますが

楽しさと自由度なら負けてないと確信しています。

とりあえずブレイブ状態になって高速ステップと強変形斬りコンボを試してみよう。

絶対楽しいって分かってもらえるはずですから。