読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomato nihilism

Twitter : @tomatonihilism

【アカツキ電光戦記AC】アドラーの使い方

【どんなキャラ?】

クセのある必殺技を多数備えた極めてオーソドックスなキャラ。

 

お前は何を言っているんだと思うかもしれないが

クセがある故に立ち回りにおける必殺技のウェイトは高くなく

素直かつそこそこ以上の性能を持つ通常技群を軸に戦うことになるのが主な理由。

キャラクターの性格の割には地味で地道な戦いを要求される。

上位キャラのようにぶっ壊れた性能の技には恵まれていないものの

使い所さえ見極めれば有力な技を多く所有しており

プレイヤー側の判断ミスがわかりやすい形で試合展開に現れるため

「勝ちたい」ではなく「上手くなりたい」という人には最も向いたキャラクターかもしれない。

 

「画面端でのループコンボによる爆発力」なんてのが特色として挙げられがちだが

正直な話1コンボでまくる展開がお望みならアカツキ使ったほうが報われると思う。

逆に格ゲーを頭脳戦として楽しめる人にはかなり面白いキャラだろう。

【主力技の解説】

2B>6B

全キャラ中でもトップクラスにリーチの長い下段攻撃。

キャンセルもかかるためここから6Bを出して横押しをするのがセオリー。

6Bは一見地味な性能の前跳び蹴りでダウンも取れずリターンも高くはないが

リスクを抑えつつペースを握るためには最適な選択肢と言っても過言ではない。

時には相手の動き始めを狙うようにキャンセルでブリッツクーゲルやAフラクトリットを打って

相手の対応を散らすとより有効な選択肢となる。

ただし6Bは当てても不利フレームを背負うことは忘れずに。

いわゆる読み合いというものを要求される局面なので色々と煩わしいかもしれない。

6B後、相手のA技が届かないように距離を保った状態で2Bを出せるようになると心強い。

なお2B止めも不利。ほぼ全キャラに共通する傾向なので深刻に受け止める必要はないが。

JC

叩きつけパンチ。喧嘩慣れしてしそうにないのにところどころそれっぽいアピールが激しい。

めちゃくちゃ強いというわけでもないがリーチ判定発生全てにおいて程よく強い技。

通知表で全部4がついている感じである。

前飛びから当てにいくのもよし、相手の動き始めをけん制するために垂直飛びから振るもよし、

相手のジャンプ攻撃に手先をぶち当てるようにするもよしと

飛び方と出すタイミングを変えるだけで様々な役割をこなせる良技。

214+A(Aフラクトリット)

真上に飛び上がりつつ回転蹴り→斜め45度に下降しながら飛び蹴りの2段技。

正直冷静に見ると気持ちの悪い挙動だが電光機関がもたらすパワーということで。

やや離れた距離から2段目のみを当てにいくのが相手の動き始めを潰すのに機能する。

もちろん冷静に対処する余地のある技でもあるのだが、

ヒット時のリターンの高さと、通常技を軸とした立ち回りのリターンの低さを考慮すると

ある程度は相手の大振りなアクションを咎めるための抑止力として意識させておく必要がある。

236+攻(ブリッツクーゲル)

ややクセのある飛び道具。ABCそれぞれに応じて別の技とも言うべき性能の違いがある。

画面中央では発射後の隙が少なく相手のジャンプにも引っ掛けやすいB版が使いやすい。

画面端での固めにも有力ではあるが、特攻ブリッツクーゲルによるバックアップが欲しい。

 

立ち回りのためのアクションは偏りを持たせないことが大事。

 

遠距離5B

必死感漂う蹴り上げ。地上からの対空手段。

判定がそこそこ上に出るため発生が間に合う限り一方的に潰されることは少ないが

距離合わせをミスして近距離5Bのボディーブローが出ると転生が近い。

近距離5C

アッパーカット。地上からの対空手段。

発生が速く判定が上に強く対空として極めて強力。

ヒットした相手をダウンさせずに打ち上げて落とすため着地攻めも容易。

それどころか真上に近い距離で相手を落とした場合はそのまま空中投げを狙える。

なお距離合わせをミスして遠距離5Cのミドルキックが出ると転生が近い。

空中投げ

地上戦を嫌がって飛び込んできた相手をしっかり落とすのはアドラーの重要なダメージソース。

アドラーの空中投げは確定ダウンを奪えるためCブリッツボンベでダウン追い打ちが可能。

さらにダウン追い打ちせずに入れっぱなしでジャンプ攻撃を重ねにいけば

アカツキのリバーサルA人間迫砲さえ着地でガード出来る詐欺飛びが狙える。

以上の事からダメージ期待値の極めて高い対空行動なのでしっかり狙っていきたい。

 

地上戦を軸にじっくり立ちまわるキャラなので、対空行動は重要。

 

214+B+C(特攻フラクトリット)

アドラーのゲージ技の中、というよりは全キャラ中でもトップクラスに優秀な技。

発生が速く前進性能の高さから有効射程もかなりあり、全段ヒット時のダメージも高い。

画面中央時はあまり難しいことを考えず地上技からこれに繋ぐだけでコンボとして十二分。

無敵時間もしっかり攻撃判定発生まで持続するため切り返しにも心強い。

唯一に近い弱点はガードされるとほぼ背面攻撃の絡んだ最大反撃を食らうこと。

不律の遠5Cを食らうのは有名だが、最悪背面攻撃JCからフルコンボを食らう。

236+B+C(特攻ブリッツクーゲル)

アドラーを象徴する技と誤解されるほどにアドラーらしさ溢れる技。

最大4HITする、ジャンプで飛び越えるのが難しい巨大な弾をゆっくり飛ばすという

いわゆる「設置技」に近い側面を持つ。

画面端でのわからん殺しや残り体力わずかの相手にトドメを刺しにかかるには優秀だが

実は割り切ってガードに徹されると1ゲージに見合わないリターンしか得られないことも

しばしな技である。とは言え有用な局面は間違いなく存在するので使い所は見極めたい。

22+B+C(特攻ブリッツボンベ)

ドクロを浮かべる巨大な電撃を全身から放つ技。ポーズがダサいとは言ってはいけない。

前2つの技と比較して立ち回りに組み込むタイプの技ではないものの

空中ヒットを稼いでからもしっかりフルヒットする性質を持っているため

ゲージを消費しての安定したコンボダメージアップに繋がる点では優秀な技だ。

対空遠5Bや近5Cから決め打ちで出してダメージアップも狙えるが

ガードされると悲惨なのでご利用は計画的に。

 

アドラーのゲージ技はブリッツガイストを除けばどれも優秀な部類だ。

 

【主力となるコンボ】

特効ブリッツクーゲルの性質上画面端でのコンボが伸ばしやすいですが

複雑なものは書いていません。

【画面中央ノーゲージ】

  • A>B>214+C
  • 2B>6B>214+C(初段空中ヒット時)
  • 近5C>214+Cor22+C
  • 214+A(2段目ヒット時)>5B>214+C
  • 空中投げ>22+C(ダウン追い打ち)

【画面中央1ゲージ】

画面中央ノーゲージの214+Cを214+B+Cに変えるだけ

【画面端ノーゲージ】

  • A>B>214+A>5A*2>5B>6B>5A>5B>22+BorC(立ち食らい限定orキャラ限定)

  最後の22はBの場合は起き攻め重視(受け身を取った相手に詐欺飛びが狙える)

  Cの場合はダメージ重視

【画面端1ゲージ】

  • A>B>214+A>5A*2>5B>6B>5A>5B>22+C>22+B+C(立ち食らい限定orキャラ限定)
  • A>B>214+C(1段目)>空中236+B+C>JA>JB>5A>5B>22+BorC
  • 5A*3>5B>236+B+C>214+A>5C>6B>5C>6B>5A>5B>22+B+C(キャラ限定)

  しゃがんでいる相手に無理やりAフラク2段目を叩き込むコンボ

【画面端2ゲージ以上】

  • 5A*3>5B>236+B+C>5A*3>5B>236+B+C~

  いわゆるクーゲルループ。相手キャラではレシピを変えて伸ばせるけど必要性は薄い

  • A>B>214+C(1段目)>空中236+B+C>JA>JB>5A>5B>22+C>22+B+C

 

ガイストコンは実用性低いと思うので書きません:-|